カップル

婚約指輪は慎重にチョイス~相場価格をチェックしてみよう~

エンゲージリングの渡し方

装飾品

指輪の相場と渡す時期

結婚する時には2種類の指輪を用意する必要があります。婚約指輪と結婚指輪です。婚約指輪の特徴はダイヤモンドなど値段が高価で、美しい装飾があるものが多いです。それに対して結婚指輪は日常的に左の薬指にはめておくのでシンプルなデザインのものがほとんどです。プロポーズをする時にはやはり婚約指輪を用意しておくべきです。女性に結婚を申し込むのですから、その思いを婚約指輪に込めるわけです。婚約指輪の相場ですが、一般的には給料の3ヶ月分といわれていますが、それにこだわらないで無理のない範囲でかまわないのです。大事なのは渡すタイミングですが、最高な演出はプロポーズをする時です。それが無理な場合でも結納を交わすまでには用意しておくべきものです。

基本的にオーダーメイド

結婚指輪は既製品でもかまわないのですが、婚約指輪は基本的にオーダーメイドになります。注文を受けてから作ることになります。そのため明日プロポーズするから買いたいと思っても無理なのです。また婚約指輪の既製品は売られていないのです。ですからプロポーズの時に渡したい場合は、少なくても5週間前には注文しておく必要があるわけです。サプライズで渡したい場合は、あらかじめ彼女の好みのデザインやサイズなどを気づかれないように探っておく必要があります。サイズ違いならあとでも修正はしてくれます。しかしデザインが彼女好みでないのを選んでしまうと交換がきかないので大変なことになります。彼女にばれてもいいので、好みやデザインなどは事前に聞いておいた方が安心できます。